手術で眼瞼下垂を解消

ランジェリーの女性

目が開きにくくなる眼瞼下垂は、手術で治療することが可能です。 一般的には瞼を切開して、筋肉と瞼をくっつけることで開きやすく手術が取られるのです。ただ、切開をすれば術後に腫れたり、内出血が生じることがあるのです。 もし、眼瞼下垂の手術をするのであれば、生命保険を使うことがお得です。 美容目的の手術というのは、健康保険の対象外ですが、眼瞼下垂の場合には日常生活に支障を来す恐れがあるので保険は適用されるのです。しかし健康保険で手術をすると、その仕上がりが満足できる結果になるとは限らないのです。見た目も重視をするのであれば、自由診療でやることです。生命保険では、大抵の場合眼瞼下垂の手術も、給付金が出る対象となっているのです。 経済的な負担も減り、なおかつ見た目も美しくなるのであれば一石二鳥です。

眼瞼下垂の手術と一口に言っても、「挙筋短縮術」や「腱膜前転術」など大きく6種類が存在するのです。切開せずに瞼を埋没させる手術であれば両目で20万円から30万円程度で可能です。 健康保険が適用されれば、5万円から6万円程度の出費で抑えることが可能です。 切開する手術であれば30万円から50万円程度が相場となるのです。 ただし、瞼を切開して糸でつなげても、瞼の筋肉が衰えている場合には効果が出てこないのです。そのようなときには筋膜というものを移植手術することになるのです。 そのような特殊の手術の場合には、料金が100万円近くかかることがあるのです。 生命保険で費用を軽減させることは可能ですが、給付されるのは1日当たりの給付金を10倍した金額が一般的です。つまり日額1万円の生命保険であれば、10万円が給付金としてもらえるのです。手術費用全額を給付金でまかなううことは難しいです。